Locus

本をあまり読まない小学生だった息子、小学校2年の頃からの母と息子の読書記録

息子:現在高校生です。最近は児童書はよみませんね〜。
母:本は大好き。息子に本の楽しみを伝えたい。でも、息子に伝えるのは難しい。 

*********************************

*ネタバレしないように書いています。
<ネタバレバージョンはカレンダー下(サイドバー)にリンクした茶色の目に>

*年齢別・テーマ別・★別はカレンダーの下側に表示用リンクがあります。
<< 軽くて楽しいミステリー「謎解きはディナーのあとで」 | main | 彼は「戦略的思考とは何か」を読みはじめた >>
(雑談)本好きの子とそうでない子
ご無沙汰しております。

先日、メールを頂きまして、こちらに生存表明しておこうと、思いました。(*^_^*)
 ご心配ありがとうございます。 私も家族も元気にしております。 

息子も中学三年になりました。 私が本が好きだったし、本を読む楽しみを息子にわかってほしいと思ったし、国語の成績は読書が好きだったらラクラクに上がるしということを身をもって知っていたから わりと一生懸命に息子に本を紹介してきたのですが、結果は・・・。 

 中三の息子は相変わらず本を読みません。ダメですわ〜。┐(゜〜゜)┌ 本は読まないので、他の子に比べて語彙も漢字も苦労している様子です。 ただ、息子の周りはラノベ流行で、それを本と呼ぶのかどうかも微妙なところです。息子が言うには、「ラノベ読むやつは、マンガだと持って歩いてもすぐ読み終わっちゃうかららしいよ。」とのことで、ナルホド。  

 でも、数年前の息子は中学受験でどうしても読まなければいけない状況だったので、本は嫌いでも、読み取りだけはできるようになりました。しかも!物語が好きではないので、物語に自分の感情を込めることなく読むことができ、出題者の意図通りに読み取りができることも多いようです。  逆に論説文が苦手になってしまいました。息子が言うには、「事実と違う思いこみを、回りくどく上から目線で書いているからハラがたつ。」のだそうです。 中三病です。 

 物語が好きな子は物語が好きなばかりに、問題文を楽しんで読みすぎて書かれていない部分まで自分で補って失敗するということがあるそうですが、息子の場合は、事実が好きなばかりに、古い情報を(教科書や問題に出てくる論説は、現在は違う説が出ていることもある)聞かされて理解しろと言われることが苦痛だということのようです。   私は、「回りくどく書かれてなければ、国語の問題にならないじゃない」「事実と違っていても、この人はそう思っているんだと思って読めばいいじゃない」などと言うのですが、うまくいかないんですよね。(-_-;)  と言う感じで、息子に本の楽しさを教えたいというこのブログの目的はとん挫中。 

 今朝、朝食をとりながら 芥川龍之介の話を息子が出して、それから派生して 太宰治や夏目漱石の話になりました。息子が言うには、「ふ〜ん。今の小説よりも、昔の小説の方が面白そうだね。」と。本が好きでないので、息子は学校でやるか、塾でやるかした部分しか知りません。 ただ、私の経験からすると、反抗期の頃にこのあたりの本を読み、人間の心理についていろいろと考えることはとても意味があったと思うので、息子もこれを機に何かを読んでみると良いのになあと思います。 今の本のように展開も早くないし、言葉づかいや背景が違うので、面白いと思えるまでに時間がかかるのですけれどね。

 「坊ちゃんにしても、学生たちや同僚の教師たちとのやりとりは、今に通じるものがあるかもしれないし、割とおもしろいんじゃないかなあ。 読んだことあるっけ?」と息子に聞くと、「親ゆずりの無鉄砲でからちょっとまではね。」と言うので、「ああ、それじゃね。 10ページくらい過ぎたあたりからは面白いんじゃないかな。」という話をしました。 とはいっても、クラブやら何やらで読書に気持ちが向くことは期待薄ですが、読んでみるとそれはそれで面白いと思うんですけれどね。
坊っちゃん (新潮文庫)
坊っちゃん (新潮文庫)夏目 漱石

新潮社 2003-04
売り上げランキング : 7567


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
私が中高生のころは、太宰治や芥川龍之介の方が人気があったかもしれません。 今思うと、イケメン風の写真があったから 憧れる子も多かったのかもしれませんね。  
河童 (集英社文庫)
河童 (集英社文庫)芥川 龍之介

集英社 1992-09-18
売り上げランキング : 258354


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
雑談でした。


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 読書好きへの道(読み聞かせ含む) | 10:10 | comments(2) | - |
コメント
お元気そうでなによりです。
お時間ある時にまたUPしてください。

近況ですが、もうすぐ娘の受験が始まります。
国語だけは得意の我が娘ですが、この期に及んでも読書が止まりません。もう少し受験にでそうな本を読めばと思うのは、私の考えもさもしいですね。(笑)
今は「やさしい季節(上・下)」(赤川次郎)をリクエストされております。トホホ・・・。
| もとこち | 2012/12/12 11:20 AM |
もとこちさま あけましておめでとうございます。

本当にご無沙汰しっぱなしで・・・。

お嬢様とうとう受験ですか。今が一番落ち着かない気持ちの日々ですね。どうぞ、実力を発揮なさいますように。
応援させてくださいね。

 私はここ数年今まで生きて来たなかで、一番本を読んでいない時期のような気がします。以前買ったきり読んでない本もあり、今年こそ読めるかしら?
| pon2 | 2013/01/07 11:05 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE

種類別検索
年齢別オススメ(まとめて表示)
件数が多くなってきたので表示に時間がかかる場合があります。
息子の年齢とともに読んできた本なので、古い記事から新しい記事へと 対象年齢があがってきていますので、下のリンクで画面が表示されない場合は、 年・月別記事をご利用下さい。

リスアイコン 3〜5歳の本全部
ウサギアイコン 低学年の本全部
低学年向けlocusオススメ5つ星の本
低学年向けlocusオススメ4つ星の本
クマアイコン  中学年の本全部
中学年向けlocusオススメ5つ星の本
中学年向けlocusオススメ4つ星の本
トリアイコン 高学年の本全部
高学年向け補足
高学年向けlocusオススメ5つ星の本
高学年向けlocusオススメ4つ星の本
 中学生の本全部
 高校生の本全部
オススメの年齢について
男の子 息子のお勧めの本
STARS
シリーズ
シリーズ《11ぴきのねこ》
シリーズ《かいけつゾロリ》
シリーズ《海洋冒険絵本チム》
シリーズ《ワニのライル》
シリーズ《バムとケロ》
シリーズ《かえるくんとがまくん》
シリーズ《おれたち、ともだち》
シリーズ《きつねのこ》
シリーズ《ペチューニア》
シリーズ《マドンナ》
シリーズ《黒ねこ サンゴロウ》
シリーズ《キツネのかぎや》
シリーズ《妖怪アパート》
シリーズ《ダレン・シャン》
シリーズ《シノダ!》
シリーズ《ヒキガエルとんだ大冒険》
シリーズ《ハリスおばさん》
シリーズ《ルイスと魔法使い協会》


テーマ
CATEGORIES
更新のお知らせ
どちらでもお知らせ通知を受けることができます。
■1)このページの更新をメールでお知らせ

■2)
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
ブログリンク
アクセス解析しています
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
LINKS