Locus

本をあまり読まない小学生だった息子、小学校2年の頃からの母と息子の読書記録

息子:現在高校生です。最近は児童書はよみませんね〜。
母:本は大好き。息子に本の楽しみを伝えたい。でも、息子に伝えるのは難しい。 

*********************************

*ネタバレしないように書いています。
<ネタバレバージョンはカレンダー下(サイドバー)にリンクした茶色の目に>

*年齢別・テーマ別・★別はカレンダーの下側に表示用リンクがあります。
<< 魔術師の弟子 | main | ゼラルダと人喰い鬼 >>
バッテリー
母:[★★★★] 母だけが読みました。

オススメ: [中学年][高学年]から大人まで。

ページ数【243】

バッテリー
バッテリーあさの あつこ 角川書店 2003-12売り上げランキング : 3898おすすめ平均 starstarそんなにいい本かな?star今更ですが。star巧の引力Amazonで詳しく見る by G-Tools

バッテリーバッテリーあさの あつこ 教育画劇 1996-12売り上げランキング : 8394おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


 夏休みに、高学年向けに何かオススメ本がないか?という話があり、図書室のボランティアさんから推薦があった本です。この有名な本の存在は知っていたけれど、私はあまり野球を見ない人間なので、今まで読んでみようと思う機会がありませんでした。
 ところが、推薦者が、「私は説明は自信ないからpon2さんに」という話がでて、「じゃあ、読んできます」ということになったといういきさつです。 私も文章が得意というわけではないけれど、やっぱり自分が楽しいと思ったものは自分で伝えたい。

 当初は今ひとつ読む気がしなくて 「ああ、そうかー。夏休みの読書感想文ってこういうものなんだなあ。自分が読みたいと思って読む本でもないのに、コレを読んで感想書いて来いなんてひどいなあ」と子供の気持ちがわかったりしたのですが、さて、よみはじめてみると、面白い面白い。 ぐんぐんとマンガのようにストーリーが展開していきます。(マンガにもなっているのですね)。
 ページをめくるのがもどかしいほどで、次へ次へと読みました。
第一巻は 主人公の巧の環境説明と、キャッチャーの豪との運命的な出会いが書かれています。残念なのはハードカバーで、そこそこページ数もあるのに、であったところで1巻が終わってしまったところ。(せめて1回くらいは試合があると思ったのに。。。まだ何も始まらないとはっつ!)

 自信家で、神経質で、大人を信用していない巧(これは背景があるのです)と対照的におおらかで人を受け入れていく豪(今は見えてきていない豪にも彼なりの悩みはあるだろう)。

 登場人物それぞれの、性格設定、家庭環境などの設定がみごとに行われていて、ストンと物語が落ち着くところに落ち着いて理解できるところが、読み物として良くできていて、久々のヒット!という本でした。(野球モノといえば、星飛馬と 伴忠太という人、ドカベンという人、タッチという人、いろいろあるでしょうが、たぶんそういうものを読んでこられた方にはこたえられない本じゃないのかなあ)

 といっても、6巻完結ものですから、この先長いです。学校図書室から借りてくるわけにもいかないだろうと、文庫本を購入しました。(文庫本は5巻までしか現在でていないみたい)
 
 息子は、私が「おもしろい。」といって読んでいたら興味を持ったようで 「主人公の名前は巧でしょ」などと最初のページをちらりと読んでみたりしていたようです。 しかし、まだチョット早いだろうなあ。 この記事を書こうとして、検索していて知ったのですが、以前ここにも書いた イッキに読める名作選の5年生版に出ているみたいです。
齋藤孝のイッキによめる! 名作選 小学5年生
齋藤孝のイッキによめる! 名作選 小学5年生夏目 漱石 黒柳 徹子 さくら ももこ 講談社 2005-07-14売り上げランキング : 49012おすすめ平均 starstar子供の本の世界を広げますstar名作ダイジェスト!Amazonで詳しく見る by G-Tools


 この物語、かなり長いと思うのですが、イッキに読めるではどのあたりが載っているのでしょうね。

ずっと文庫本ばかり読んできましたが、図書館や図書室から借りて最近ハードカバーの本を読むことも多くなりました。そうすると、ハードカバーの良さってあるなあとしみじみ思います。
同じ本でも味わいが違うような気がします。バッテリー。我が家では置くスペースがないので文庫本を選択しましたが、借りて読むときはハードカバーも良いと思います。

2009年に潁明館中で出題されたそうです。
読書シリーズ:《入試に出た》 <中学校入試に出た本をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 物語 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blo.pon.sub.jp/trackback/521154
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE

種類別検索
年齢別オススメ(まとめて表示)
件数が多くなってきたので表示に時間がかかる場合があります。
息子の年齢とともに読んできた本なので、古い記事から新しい記事へと 対象年齢があがってきていますので、下のリンクで画面が表示されない場合は、 年・月別記事をご利用下さい。

リスアイコン 3〜5歳の本全部
ウサギアイコン 低学年の本全部
低学年向けlocusオススメ5つ星の本
低学年向けlocusオススメ4つ星の本
クマアイコン  中学年の本全部
中学年向けlocusオススメ5つ星の本
中学年向けlocusオススメ4つ星の本
トリアイコン 高学年の本全部
高学年向け補足
高学年向けlocusオススメ5つ星の本
高学年向けlocusオススメ4つ星の本
 中学生の本全部
 高校生の本全部
オススメの年齢について
男の子 息子のお勧めの本
STARS
シリーズ
シリーズ《11ぴきのねこ》
シリーズ《かいけつゾロリ》
シリーズ《海洋冒険絵本チム》
シリーズ《ワニのライル》
シリーズ《バムとケロ》
シリーズ《かえるくんとがまくん》
シリーズ《おれたち、ともだち》
シリーズ《きつねのこ》
シリーズ《ペチューニア》
シリーズ《マドンナ》
シリーズ《黒ねこ サンゴロウ》
シリーズ《キツネのかぎや》
シリーズ《妖怪アパート》
シリーズ《ダレン・シャン》
シリーズ《シノダ!》
シリーズ《ヒキガエルとんだ大冒険》
シリーズ《ハリスおばさん》
シリーズ《ルイスと魔法使い協会》


テーマ
CATEGORIES
更新のお知らせ
どちらでもお知らせ通知を受けることができます。
■1)このページの更新をメールでお知らせ

■2)
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
ブログリンク
アクセス解析しています
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
LINKS