Locus

本をあまり読まない小学生だった息子、小学校2年の頃からの母と息子の読書記録

息子:現在高校生です。最近は児童書はよみませんね〜。
母:本は大好き。息子に本の楽しみを伝えたい。でも、息子に伝えるのは難しい。 

*********************************

*ネタバレしないように書いています。
<ネタバレバージョンはカレンダー下(サイドバー)にリンクした茶色の目に>

*年齢別・テーマ別・★別はカレンダーの下側に表示用リンクがあります。
<< 迫力! 「虫のすがお」 | main | 推理物+怖くない怖い話 「真夜中のあわせかがみ」 >>
拠りどころ 「牡丹さんの不思議な毎日」
息子:読んでいません
母:[★★★★]
オススメ: [中学年][高学年]
ページ数【174】
合計ページ数 母だけが読みました

牡丹さんの不思議な毎日
牡丹さんの不思議な毎日柏葉 幸子 おすすめ平均 stars素晴らしいAmazonで詳しく見る by G-Tools


 児童書棚で母がみつけてなんとなく借りてしまった本です。
牡丹さんは主婦。家族の要望を聞いて見つけた家は、なんとホテル。30年ローンだそうです。
 てっきり、ホテル業を営むのかとおもいきや、ただの’家’として住むのだそう。ベッドルームは30畳の宴会場、飼い犬のフレディはブルテリア。大浴場が犬小屋代わり。と、すごいことに。それだけでもめちゃくちゃなのに、なんと、このホテル。温泉の権利つきは良いけれど、その温泉に入っていた幽霊つきで購入されてしまったようで。。。。

 この世とあの世の間をつないでいるかのような町の住人は皆なぜか暖かくて優しい人たちで、人を自然に受け入れます。
読み終わったときに 「ふるさと」とか「よりどころ」という言葉が頭に浮かびました。今を生きている人たちって皆自分のことに一生懸命だけれど、自分をすっぽりと受け入れてくれる拠りどころを忘れて生きているように思います。いえ、忘れて生きているというよりも、世の中から拠りどころになるような 人情とか人間関係とかがなくなりつつあるのかもしれない。 ふとそんなことを思いながら 不思議で暖かくてほのぼのして楽しい物語の余韻に浸りました。

ひらがな、カタカナ、漢字(ふりがなつき)1ページに160文字程度です。

見るテーマ《オニ・ばけものの本》<オニ・ばけもの妖怪などの記事をまとめて表示

見る 作家:《柏葉 幸子》<柏葉幸子さんの本をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 物語 | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blo.pon.sub.jp/trackback/551891
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE

種類別検索
年齢別オススメ(まとめて表示)
件数が多くなってきたので表示に時間がかかる場合があります。
息子の年齢とともに読んできた本なので、古い記事から新しい記事へと 対象年齢があがってきていますので、下のリンクで画面が表示されない場合は、 年・月別記事をご利用下さい。

リスアイコン 3〜5歳の本全部
ウサギアイコン 低学年の本全部
低学年向けlocusオススメ5つ星の本
低学年向けlocusオススメ4つ星の本
クマアイコン  中学年の本全部
中学年向けlocusオススメ5つ星の本
中学年向けlocusオススメ4つ星の本
トリアイコン 高学年の本全部
高学年向け補足
高学年向けlocusオススメ5つ星の本
高学年向けlocusオススメ4つ星の本
 中学生の本全部
 高校生の本全部
オススメの年齢について
男の子 息子のお勧めの本
STARS
シリーズ
シリーズ《11ぴきのねこ》
シリーズ《かいけつゾロリ》
シリーズ《海洋冒険絵本チム》
シリーズ《ワニのライル》
シリーズ《バムとケロ》
シリーズ《かえるくんとがまくん》
シリーズ《おれたち、ともだち》
シリーズ《きつねのこ》
シリーズ《ペチューニア》
シリーズ《マドンナ》
シリーズ《黒ねこ サンゴロウ》
シリーズ《キツネのかぎや》
シリーズ《妖怪アパート》
シリーズ《ダレン・シャン》
シリーズ《シノダ!》
シリーズ《ヒキガエルとんだ大冒険》
シリーズ《ハリスおばさん》
シリーズ《ルイスと魔法使い協会》


テーマ
CATEGORIES
更新のお知らせ
どちらでもお知らせ通知を受けることができます。
■1)このページの更新をメールでお知らせ

■2)
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
ブログリンク
アクセス解析しています
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
LINKS