Locus

本をあまり読まない小学生だった息子、小学校2年の頃からの母と息子の読書記録

息子:現在高校生です。最近は児童書はよみませんね〜。
母:本は大好き。息子に本の楽しみを伝えたい。でも、息子に伝えるのは難しい。 

*********************************

*ネタバレしないように書いています。
<ネタバレバージョンはカレンダー下(サイドバー)にリンクした茶色の目に>

*年齢別・テーマ別・★別はカレンダーの下側に表示用リンクがあります。
ごめんねはなかなか言えない 「ごめんねともだち」
母:[★★★★★]
息子:[★★★★]

オススメ:  [3〜5歳][低学年]
ページ数【32】
合計ページ数【3798】

ごめんねともだち
4032320500内田 麟太郎 偕成社 2001-03売り上げランキング : 28,348おすすめ平均 starstar老若男女をとわず、素直な気持ちになれるstar一言の大切さstar「ごめんね」のひとことが言えなくてAmazonで詳しく見る by G-Tools


 息子が4歳くらいのときに絵本専門店で見つけた本です。実際はあちこちで取り上げられている人気の絵本だと知ったのは後から。
表紙の綺麗な色合いと中の大胆な絵柄に引かれて その場でよみきかせていたら、途中から声がつまってしまい、読めないということになってしまいました。
 
 息子は私とはちがってもっと淡々と。そのときはあまり反応がないように見えましたが、購入して帰った後も何回も読んでくれというということは彼も気に入っていたのかと思います。

なぜ泣けたかは実はわけがあります。私はその頃ちょっと落ち込む出来事がありました。 自分はまったく悪くないのに、オオカミにののしられたキツネの物語を読んで、つい自己投影してしまったように思います。 泣けてきて却って自分で「こんなに落ち込んでいるんだな」と再確認するとともに驚いたのでした。

 そんな私も、今はのびのびと泣くこともなくこの本を読むことができます。 絵本というのは、子ども向けの本だとおもい、自分に子どもが生まれる前は読むことがありませんでした。今いろいろと読んでみると、ときどき絵本の単純なストーリーで自分が封じ込めていた気持ちに気づかされることがあります。
 自分にとって良い絵本との出会いは、感情の押し付けではなく、すっと自然に感情を引き出して昇華させてくれるようなそういうものではないかとおもうのです。 多分、この本もそういう経験がないときに出会っていれば「友達とは仲良くしようね。ごめんねっていえるようになろうね」というただただ教訓的な本であったかもしれない。 息子はまだ生まれてから8年しかたっていません。その8年きりの経験の中で彼の心の中にどういう思いがとどまっているか。すべて登場人物に同化して自分を置き換えて感動できる物語かどうかと考えると、それは無理な話。 いくつか楽しんで読むうちに共感できる本や好きな本が見つかればそれこそものすごく幸せなことではないかと思います。

ひらがな、カタカナ カタカナにはふりがながあります。
見開きで100文字程度です。

見るシリーズ《おれたち、ともだち》<おれたちともだちの記事をまとめて表示


 もうひとつ過去に泣けてしまった本は「こんとあき」これは何度も読みました。息子は読まないからここにも書くことはないかもしれないなあ。残念。とても好きな本です。
こんとあき
4834008304林 明子 福音館書店 1989-06売り上げランキング : 5,555おすすめ平均 starstar「だいじょうぶ だいじょうぶ」star愛読書starこんとあきAmazonで詳しく見る by G-Tools


 39ページ、文字はひらがな、かたかな、 多いところで1ページ100文字程度

 オススメ:  [3〜5歳][低学年] 本当は大人にオススメ

対象は男の子よりも女の子のほうが向いているかもしれません。

ネタバレを下のURL(ネタバレ専用の私のblogです)で
読書茶色の目「こんとあき」



一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
大人になっても友達にはなやむよ 「あしたもともだち」
母:[★★★★★]
息子:[★★★★★]

オススメ: [3〜5歳] [低学年]

ページ数【32】
合計ページ数【1704】

あしたもともだち
あしたもともだち内田 麟太郎

偕成社 2000-10
売り上げランキング : 85851

おすすめ平均 star
star2匹の表情がちょっとオーバーに描いてあって楽しめる本
star内田麟太郎・降矢ななコンビも、絶好調!!
starやさしいって、ちょっとてれくさい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



息子年長さんのころから大好きな絵本です。このシリーズは本当に良い。
古矢ななさんのこの色彩感覚ってすごいし、とても大胆な動きのある絵は息子も大好き。 このシリーズの絵本のテーマはともだち。 大人になってから読んでも心に「じーん」とくる話も多いのです。

 息子のお気に入りで何度も何度も出して読んでいます。
彼の感想は「さいしょに本当のことをいえばよかったのに」だそうで、こういう点では大人よりもずっと 小さな子どもの方が人と仲良くするすべを知っているのかもしれませんね。

ヒラガナとカタカナ カタカナにもふりがながついています。
文字数は見開きで200文字程度

見るシリーズ《おれたち、ともだち》<おれたちともだちの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE

種類別検索
年齢別オススメ(まとめて表示)
件数が多くなってきたので表示に時間がかかる場合があります。
息子の年齢とともに読んできた本なので、古い記事から新しい記事へと 対象年齢があがってきていますので、下のリンクで画面が表示されない場合は、 年・月別記事をご利用下さい。

リスアイコン 3〜5歳の本全部
ウサギアイコン 低学年の本全部
低学年向けlocusオススメ5つ星の本
低学年向けlocusオススメ4つ星の本
クマアイコン  中学年の本全部
中学年向けlocusオススメ5つ星の本
中学年向けlocusオススメ4つ星の本
トリアイコン 高学年の本全部
高学年向け補足
高学年向けlocusオススメ5つ星の本
高学年向けlocusオススメ4つ星の本
 中学生の本全部
 高校生の本全部
オススメの年齢について
男の子 息子のお勧めの本
STARS
シリーズ
シリーズ《11ぴきのねこ》
シリーズ《かいけつゾロリ》
シリーズ《海洋冒険絵本チム》
シリーズ《ワニのライル》
シリーズ《バムとケロ》
シリーズ《かえるくんとがまくん》
シリーズ《おれたち、ともだち》
シリーズ《きつねのこ》
シリーズ《ペチューニア》
シリーズ《マドンナ》
シリーズ《黒ねこ サンゴロウ》
シリーズ《キツネのかぎや》
シリーズ《妖怪アパート》
シリーズ《ダレン・シャン》
シリーズ《シノダ!》
シリーズ《ヒキガエルとんだ大冒険》
シリーズ《ハリスおばさん》
シリーズ《ルイスと魔法使い協会》


テーマ
CATEGORIES
更新のお知らせ
どちらでもお知らせ通知を受けることができます。
■1)このページの更新をメールでお知らせ

■2)
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
ブログリンク
アクセス解析しています
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
LINKS