Locus

本をあまり読まない小学生だった息子、小学校2年の頃からの母と息子の読書記録

息子:現在高校生です。最近は児童書はよみませんね〜。
母:本は大好き。息子に本の楽しみを伝えたい。でも、息子に伝えるのは難しい。 

*********************************

*ネタバレしないように書いています。
<ネタバレバージョンはカレンダー下(サイドバー)にリンクした茶色の目に>

*年齢別・テーマ別・★別はカレンダーの下側に表示用リンクがあります。
「ベロニカはにんきもの」 どっしりとした安心感
息子:[★★★★]
母:[★★★★★]
オススメ:[低学年][中学年]
ページ数 【30】
合計冊数【622】
蔵書状況:学校


ベロニカはにんきもの (1979年) (かばのベロニカシリーズ)
ベロニカはにんきもの (1979年) (かばのベロニカシリーズ)ロジャー・デュボアザン 佑学社 1979-04売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools


もっとたくさん本を読もうとおもっていたのに、全然進みません。まあ、地道に行こうと思います。

 表紙のカバの気のいい表情がツボでした。表紙を開くと、ストーリーとは直接関係ない絵なのですが、水の中を気持ちよさそうに悠々と泳いでいるカバの絵があります。ひと目見て、「この絵ステキ!」と気に入りました。

 ”たいくつなカバ”のベロニカのお話です。最後まで読むと、私の大好きな ペチューニア (←色を変えています、マウスで反転してお読みください このシリーズの作者と同じです)が出てきます。そうだったのか。どうりで好きだったわけです。
 今まで読んだこの人の本に共通するほのぼのとした前向きの気持ちは、おしつけがましくなくてすがすがしくて 私はとても好きです。子どもたちにも読んでやりたいなと思うようなことも多いです。

 ひとによっては、教訓的なところが苦手とおっしゃる方もいるかもしれませんが、いやみがなくさらりとしているところが持ち味だと思います。

漢数字とひらがな、カタカナで書かれていて、カタカナにふりがなはありません。漢数字にはふりがながあります。見開きに300文字程度です。(記憶との比較ですが、ペチューニアシリーズよりもさらに字が多いように思います) 

見る シリーズ《ペチューニア》
<ガチョウのペチューニアシリーズの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
動物たちが欲しいものは? 「ペチューニアのたからもの」
息子:[★★★]
母:[★★★]
オススメ: [3〜5歳][低学年][中学年]
ページ数【30】
合計ページ数【14714】
ペチューニアのたからもの
ペチューニアのたからものロジャー デュボアザン Roger Duvoisin 乾 侑美子

童話館出版 1998-09
売り上げランキング : 343913

おすすめ平均 star
starがちょうの絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ペチューニアをまとめて借りてきました。この本では、またまたペチューニアの思い込みから事件が始まります。
 ペチューニアもペチューニアですが、ペチューニアの周りにいる動物たちの欲しいものときたら。。そうして、その動物たちときたら。。

 大人の目で、人間の世界と照らし合わせてみると、いろいろな感想を持つ人もいそうですが、息子は単純に動物たちの楽しい生活を思い浮かべながら「ばかばかしい」ところも十分にたのしんだようです。

ひらがな、カタカナ、1ページに150文字程度です。(文字は絵本にしては多めの方だと思います)

見る シリーズ《ペチューニア》
<ガチョウのペチューニアシリーズの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただものではなかった「ペチューニアのだいりょこう」
息子:[★★★★★]
母:[★★★★★]
オススメ: [3〜5歳][低学年][中学年]
ページ数【32】
合計ページ数【14684】

ペチューニアのだいりょこう
ペチューニアのだいりょこうロジャー デュボワザン まつおか きょうこ

冨山房 2002-11
売り上げランキング : 360720


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
 ペチューニアシリーズが気に入ってしまい、ついこればかりを探してしまいます。この だいりょこう は ペチューニアシリーズの中で、息子と私がとても気に入った物語です。

 いままでペチューニアの本を読んできましたが、はじめてだんなさんのチャーリーがでてきて、6羽の子供たちも出てきました。
ところが、この家族たちはあくまでも端役の端役。話の筋にはまったく関係ないというのもびっくり。

 相変わらすのペチューニアには親近感を抱いてしまいますが、物語の中盤から、絵本ならではの楽しさに満ちていて、思いもよらなかった展開で話が進みます。

 ああー面白かった!!!  この話、大好きです。この本、今まで読んだペチューニアシリーズの中で一番好きですが、がちょうのペチューニア を読んでから、この本を読むほうがより楽しめると思います。

ひらがな、カタカナ、1ページに150文字程度です。(文字は絵本にしては多めの方だと思います)

見る シリーズ《ペチューニア》
<ガチョウのペチューニアシリーズの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
隣の芝生「ペチューニア ごようじん」
息子:[★★★★]
母:[★★★★]
オススメ: [3〜5歳][低学年][中学年]
ページ数【33】
合計ページ数【14572】

ペチューニアごようじん
ペチューニアごようじんロジャー デュボワザン Roger Duvoisin まつおか きょうこ 冨山房 2000-02売り上げランキング : 355198おすすめ平均 starstar隣の芝生は青い?Amazonで詳しく見る by G-Tools


がちょうのペチューニア(記事にリンク)で初めて知ったペチューニアのおばかさんぶりがなんとなく好きになってしまって、借りてきてしまいました。
 威張ったり勘違いしたりするのですが、なんだか憎めないんです。ペチューニアは勘違いも多いけれど、根が意地悪でないからかもしれません。

 とはいえ、今回も人の話をまったく聞かないペチューニア、自分の興味の限りに突っ走ります。そうして...そのしっぺ返しに会いそうになります。

むむ。。ちょっとまって!、このペチューニアが憎めないのは、もしかしたら私に似ているからかもしれません。なんとなく胸に手を当てておもいあたるふしがあります。

 息子は、「おばかさんだねえ」といいながらゲラゲラ読んでいました。ペチューニアの話だと気づいた途端に本の山から引っ張りだしていましたから、きっと彼も気に入っているのだと思います。

ひらがな、カタカナ、1ページに150文字程度です。(文字は絵本にしては多めの方だと思います)

見る シリーズ《ペチューニア》
<ガチョウのペチューニアシリーズの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
強烈な知ったかぶり「がちょうのペチューニア」
息子:[★★★★]
母:[★★★★★]
オススメ: [3〜5歳][低学年][中学年]
ページ数【30】
合計ページ数【14414】

がちょうのペチューニア
がちょうのペチューニアロジャー デュボワザン Roger Duvoisin まつおか きょうこ 冨山房 1999-01売り上げランキング : 126121おすすめ平均 starstarほんをもち これにしたしむものは...Amazonで詳しく見る by G-Tools


 表紙の絵から、「小学校に上がる前の女の子向けかなー」という印象をもっていました。ところが、読んでみると、母も息子もはまりました。ペチューニアのおとぼけぶりが強烈すぎて可笑しいのです。 ある日、ペチューニアは草むらで本をみつけます。

「ほんを もち、これに したしむものは かしこくなる・・・」
と聞きかじった言葉を思い出し、
「じゃ、つまり あたしが この ほんを もっていって だいじにしたら、あたしだって かしこくなるって わけね。


と、賢くなったと思い込んでいるペチューニアが騒ぎを巻き起こします。
賢くなったと思い込んでいるペチューニアもペチューニアですが、周りの動物たちも、

「もしかしたら、ペチューニアは、それほど おばかさんじゃ ないかもしれないよ。なにしろ ほんを もっているし、 それに、 とてもかしこそうにみえるもの」


母は、「そうそう。そういう人たち多いよね。賢そうだとか、肩書きとか、○○を持っているとか、▲▲さんの知り合いとか、そういうことで、相手を判断する人。」と妙に共感をもってしまいました。

息子はゲラゲラ笑いながら「ばからし〜ぃ」と、さくさくよんで、楽しんでいました。あ、一箇所ペチューニアに対して怒っているところもあったかな??

 大人にも子供にもオススメの一冊です。
ひらがな、カタカナ。1ページに 200文字程度の、比較的字の多めの絵本です。

見る シリーズ《ペチューニア》
<ガチョウのペチューニアシリーズの記事をまとめて表示


一方通行で書くより、読んで下さった方の反応があるといいなあと思い始めて、ブログ村に参加してみました。クリックやコメントをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
| 絵本(ものがたり) | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE

種類別検索
年齢別オススメ(まとめて表示)
件数が多くなってきたので表示に時間がかかる場合があります。
息子の年齢とともに読んできた本なので、古い記事から新しい記事へと 対象年齢があがってきていますので、下のリンクで画面が表示されない場合は、 年・月別記事をご利用下さい。

リスアイコン 3〜5歳の本全部
ウサギアイコン 低学年の本全部
低学年向けlocusオススメ5つ星の本
低学年向けlocusオススメ4つ星の本
クマアイコン  中学年の本全部
中学年向けlocusオススメ5つ星の本
中学年向けlocusオススメ4つ星の本
トリアイコン 高学年の本全部
高学年向け補足
高学年向けlocusオススメ5つ星の本
高学年向けlocusオススメ4つ星の本
 中学生の本全部
 高校生の本全部
オススメの年齢について
男の子 息子のお勧めの本
STARS
シリーズ
シリーズ《11ぴきのねこ》
シリーズ《かいけつゾロリ》
シリーズ《海洋冒険絵本チム》
シリーズ《ワニのライル》
シリーズ《バムとケロ》
シリーズ《かえるくんとがまくん》
シリーズ《おれたち、ともだち》
シリーズ《きつねのこ》
シリーズ《ペチューニア》
シリーズ《マドンナ》
シリーズ《黒ねこ サンゴロウ》
シリーズ《キツネのかぎや》
シリーズ《妖怪アパート》
シリーズ《ダレン・シャン》
シリーズ《シノダ!》
シリーズ《ヒキガエルとんだ大冒険》
シリーズ《ハリスおばさん》
シリーズ《ルイスと魔法使い協会》


テーマ
CATEGORIES
更新のお知らせ
どちらでもお知らせ通知を受けることができます。
■1)このページの更新をメールでお知らせ

■2)
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
ブログリンク
アクセス解析しています
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
LINKS